面会交流にかかる費用の援助(「ほのぼの基金」)

ほのぼの基金

離婚後に親子が時々会って交流を深めることは、子どもの成長にとって大切なことです。
このため、姉妹団体の公益社団法人家庭問題情報センター(FPIC)名古屋ファミリー相談室を利用して、離婚後の親子の面会交流を行う場合、経済的に困難な人には費用の援助をしています。援助費用は、当会の基準に従って審査を行い、決定します(1年間有効)。

「ほのぼの基金」による援助を希望される方は、FPICの面会交流援助担当者に、その旨を申し出てください。面会交流援助を担当されている方から、手続きに必要な申込書、提出資料についての説明をお聞きくださり、その指示にしたがってください(手続きは難しいものではありません)。

» 「ほのぼの基金面会交流費用援助申込書

面会交流にかかる費用の援助(「ほのぼの基金」) 面会交流にかかる費用の援助(「ほのぼの基金」)